WIE実用論作文:TOP

読み手を動かすのは国語力じゃない。

目からウロコ、と多くのお客様に絶賛されたビジネス文章講座は、昇進・昇格試験の小論文対策としても有効です。

その他、実際の出題例に則した小論文の添削指導や、解答例の作成も行っています。

 

WIE実用論作文:はじめての方へ

就職・転職・昇進試験をひかえた方、ビジネス文章にお悩みの方、法人人材開発担当の方へ、情報と各種講座を提供しています。

厳しいけれど確実な前進。

…それがコンセプトの講座群です。

講座のご案内

■昇進昇格試験答案・業務報告書・企画提案書の書き方を基礎から学びたい方

≫ビジネス文章講座

■昇進昇格試験の過去問演習、提出予定の報告書・提案書の添削指導を受けたい方

≫文章添削

■試験問題や業務課題に対応した文例を作成して欲しい方

≫模範文例作成

■参考書で自習したい方

≫自習用参考書

法人のお客様で、社員研修、社内考査業務などの委託をご希望の方はWIE法人ビジネス文章講座をご利用ください。

実用文・ビジネス文章とは?

実用文と学校作文・入試小論文の違い

 学校の作文は、書き上がればそれでOKです。大学入試の小論文や、学術レポート・論文は、論理という規則に従って自分の主張を論証できれば、やはりそれでOKです。

 しかしビジネスの場で書く文章はこれと違います。もちろん、規定の字数で「書き上げ」・「論証」しなくてはならないのはもちろんですが、読み手に「納得」してもらわなければならないからです。

 この「納得」は、入試小論文や学校でのレポートとは違い、万人共通の論理に従っていれば、得られるというものではありません。「理屈はわかったが納得できない」という場面に、誰でも出くわしたことがあるでしょう。その意味で、ビジネス文章は他の作文・論文とは、完成までの方法論が異なっているのです。

 

「わかる」と「納得する」は違う

 なぜ、そうなるのでしょうか。それは、読み手の常識、好悪、期待に添っていなければ、書き手の主張は「わかって」もらえても、「納得」してはもらえないからです。言い換えるなら、読み手によって、何をどのように説けば納得してもらえるか、その基準・やり方は、読み手の数だけあるのです。

WIE実用論作文が提供するもの

 WIEが提供するのは、「納得してもらう」ための筋道です。

 もちろん、「納得」の土台である、書き上げること・「わかってもらう」ための論理指導は、十分に行います。ただし、それだけでは昇進試験も、就職・採用試験も突破できず、取引先や社内の同意を得られないことも、また確かなのです。

 「書き上げる」→「わかってもらう」→「納得してもらう」、このどの段階にお客様がいようとも、次のステップに上るための方法を、WIEは知っています。それは確かに、楽な訓練ではありませんが、やればやっただけ確実に成果が出る、そうしたメニューをご用意し、お客様の未来を切り開いていただくのです。

昇進・昇格試験答案と実用文

昇進・昇格試験は避けて通れない

 かつては、年功序列でほぼ入社順に昇進・昇格が保証されていましたが、現在では厳しい競争試験が課されています。しかも、能力主義の給与体系を採用する企業が増えていますから、昇進・昇格できるか否かが、即座に給与水準に影響することになります。

 そこで、企業人として生きて行くためには、この昇進・昇格試験を突破しなければなりません。日常業務も残業なしでは難しいのに、別途試験対策が必要というわけです。実際、そうした努力をする人向けのビジネスが成り立つほどであります。大規模書店では、昇進・昇格試験対策コーナーが設けられ、関連の書籍が山積みになっているほどです。内容も企業の業種別、受験者の職種別など、実にさまざまです。

試験の出題傾向

 ここで少し冷静になって、試験の内容そのものを吟味してみましょう。WIEでは、多くのお客様に対して過去問演習のお手伝いをしてきました。そこで膨大な数の昇進昇格試験を分析・検討すると、それらは結局次の3つに集約できます。

①あなたはこれまで何をやってきたか=業務把握・自己認識
②現在の課題・業務上気をつけていることは何か=課題発見・問題認識
③今後、あなたは何をしようとしているのか=課題解決・企画立案

 実際の設問文は多種多様ですが、結局は過去(①)・現在(②)・未来(③)における解答者と業務、あるいはよりひろく企業全体との関係を問うものです。もっとも、初めての昇進・昇格試験では①の要素が強いですが、より高位の地位に就くための試験では③が重視される、といった力点の違いはあります。それでも、それ以上に共通性に注目すべきです。

昇進・昇格試験で問われる能力とは

 さて、既にお気付きの方もいるかと思いますが、この①②③は、通常業務の中で書いている文章と大きくはは違わないのです。社内外を問わず一緒に仕事をすることになった人には、自己紹介として①は必ず伝えるでしょう。また、①②は日常の業務報告に他なりません。さらに③は、業務改革や新規事業の提案・企画と同じです。

 確かに、昇進・昇格試験では、制限時間・制限字数という、日常業務とは異なる制約があります。また、提出後の質疑応答で、相互理解を深める、といったことも出来ません。限られた時間で、設問の要求=出題の意図を正確に把握し、所定の分量で読者=採点者に理解できる文章を書かなければならないのです。

 この問題について、実際の答案に付したコメントの例を整理して試験論文の書き方にまとめてあります。さらに詳しく知りたい人は、そちらを参照してください。

最も効率的な昇進・昇格試験対策

 このような昇進昇格試験の特質が分かれば、自ずと対策も見えてきます。まず、書くべき内容に関しては、日常業務の中で書く文章=ビジネス文章が基礎になります。調査書・報告書・企画書・提案書など、TPO を考えて簡潔かつ誤解の余地がないよう書くことです。特に、提出先の上司などの読者から質問されたり、訂正を指示されたことには注意しましょう。WIEのビジネス文章がこの基礎固めに適しています。

 その上で、自分の受ける昇進昇格試験の過去問演習をすることです。特に注意して欲しいのは、設問の要求=書けといわれていることを確実に読み取ることです。そのためには、特に最初のうちは制限時間にとらわれずに、設問文を徹底的に吟味することをお勧めします。あるいは、十分に練られたものであれば、想定問題に取り組むのもよいでしょう。この過去問・想定問題演習は、WIEの文章添削で対応しています。