WIE実用論作文:TOP

  • 事務報告や改善提案など、ビジネスシーンで必要な文章の書き方を基礎から学びたい。
  • 重大案件の報告書や、取引先への企画書の作成に自信が持てない。
  • 昇進昇格試験対策がしたい。

これらのご要望は、WIEにお任せ下さい。

 

WIE実用論作文:はじめての方へ

就職・転職・昇進試験をひかえた方、ビジネス文章にお悩みの方、法人人材開発担当の方へ、情報と各種講座を提供しています。

厳しいけれど確実な前進。

…それがコンセプトの講座群です。

講座のご案内

■ビジネスで必要な文章の書き方を基礎から学びたい方

≫ビジネス文章講座

■提出予定の報告書・提案書など重要な文章の添削指導を受けたい方

≫文章添削

■昇進・昇格試験のために学びたい方

≫昇進・昇格試験対策

■試験問題や業務課題に対応した文例を作成して欲しい方

≫模範文例作成

■参考書で自習したい方

≫自習用参考書

■大学院入試・学部編入を目指す方

≫社会人入試・院試・編入学対策講座

法人のお客様で、社員研修、社内考査業務などの委託をご希望の方はWIE法人ビジネス文章講座をご利用ください。

実用文・ビジネス文章とは?

ビジネスで必要な文章とは

 ビジネスの場で書く文章は、規定の字数で「書き上げ」・「論証」しなくてはならないのはもちろんですが、読み手に「納得」してもらわなければなりません。

 この「納得」とは、組織の中で価値あるものと評価される、ということです。学術論文であれば、論理のみが評価の基準となります。しかし、例えば高い効果の期待できる企画でも、提出先の組織にそれを実現する資源がなければ、高い評価は得られません。したがって。読み手の納得は得られません。
 ビジネスの場では、常に状況を考えて、提出先=読み手が納得する文章を書かなければならないのです。

「納得」を得るための条件

 ビジネスの場で読み手に納得してもらうためには、読み手の立場、書き手の所属組織(会社・部署)の現状、書き手の実績・能力など、さまざまな状況を踏まえた文章が必要になります。
 書き手が日頃の仕事を通じて身につけてきた、知識やスキルを整理して、場の状況に応じて最適の選択をすることが求められるのです。

WIE実用論作文が提供するもの

 WIEが提供するのは、国語力だけでなく、「納得してもらう」ための筋道です。そのため、「納得」の土台である、書き上げること・「わかってもらう」ための論理指導を、十分に行います。

 「書き上げる」→「わかってもらう」→「納得してもらう」、このどの段階にお客様がいようとも、次のステップに上るための方法を、WIEは知っています。それは確かに、楽な訓練ではありませんが、やればやっただけ確実に成果が出る、そうしたメニューをご用意し、お客様の未来を切り開いていただくのです。

昇進・昇格試験答案と実用文

昇進・昇格試験は避けて通れない

 かつては、年功序列でほぼ入社順に昇進・昇格が保証されていましたが、現在では厳しい競争試験が課されています。しかも、能力主義の給与体系を採用する企業が増えていますから、昇進・昇格できるか否かが、即座に給与水準に影響することになります。

 そこで、企業人として生きて行くためには、この昇進・昇格試験を突破しなければなりません。日常業務も残業なしでは難しいのに、別途試験対策が必要というわけです。実際、そうした努力をする人向けのビジネスが成り立つほどであります。大規模書店では、昇進・昇格試験対策コーナーが設けられ、関連の書籍が山積みになっているほどです。内容も企業の業種別、受験者の職種別など、実にさまざまです。

昇進・昇格試験で問われる能力とは

 さて、既にお気付きの方もいるかと思いますが、この①②③は、通常業務の中で書いている文章と大きくはは違わないのです。社内外を問わず一緒に仕事をすることになった人には、自己紹介として①は必ず伝えるでしょう。また、①②は日常の業務報告に他なりません。さらに③は、業務改革や新規事業の提案・企画と同じです。

 確かに、昇進・昇格試験では、制限時間・制限字数という、日常業務とは異なる制約があります。また、提出後の質疑応答で、相互理解を深める、といったことも出来ません。限られた時間で、設問の要求=出題の意図を正確に把握し、所定の分量で読者=採点者に理解できる文章を書かなければならないのです。

 この問題について、実際の答案に付したコメントの例を整理して試験論文の書き方にまとめてあります。さらに詳しく知りたい人は、そちらを参照してください。

最も効率的な昇進・昇格試験対策

 このような昇進昇格試験の特質が分かれば、自ずと対策も見えてきます。まず、書くべき内容に関しては、日常業務の中で書く文章=ビジネス文章が基礎になります。調査書・報告書・企画書・提案書など、TPO を考えて簡潔かつ誤解の余地がないよう書くことです。特に、提出先の上司などの読者から質問されたり、訂正を指示されたことには注意しましょう。WIEのビジネス文章講座がこの基礎固めに適しています。

 その上で、自分の受ける昇進昇格試験の過去問演習をすることです。特に注意して欲しいのは、設問の要求=書けといわれていることを確実に読み取ることです。そのためには、特に最初のうちは制限時間にとらわれずに、設問文を徹底的に吟味することをお勧めします。あるいは、十分に練られたものであれば、想定問題に取り組むのもよいでしょう。この過去問・想定問題演習は、WIE昇進・昇格試験対策で対応しています。

受講体験記

「やっぱりWIEさんで間違っていなかった。」と確信しました(E. M. 様・昇格試験合格)

 会社の昇格試験が、4000字の論文課題でしたが、2年連続不合格でした。
 1回目は、特に対策をせずに挑戦。2回目は、論文に関する書籍を読んで再挑戦したのですがダメでした。だいぶ落ち込みましたが、論文は外部業者さんが採点していることがわかっていましたので、3回目は、論文を事前に添削してもらえるサービスを探していたところ、WIEさんに出会いました。
 まず、WIEさんが出版している『ビジネス実用文・試験論文の書き方Q&A』という書籍を読むことから始めました。実用文に関する常識的なことやテクニックを理解でき、「自説と論証」というキーワードは今でも頭に残っています。
 そして、WIEさんの添削を申し込みましたが、私は「再添削コース」を申し込みました。一回目の提出の添削結果を見ると、「既に合格圏内」というご評価だったので、WIEさんの書籍の賜物だと思いました。さらに内容を良くするために、いろいろご指導いただき、2回目の添削を提出しましたが、「さらに洗練された」というご評価を頂き、また1回目で見逃してしまったご指導なども頂け、内容を修正し会社へ提出しました。
 合否結果がでるまで約2カ月。お墨付きは頂いたものの正直不安でしたが、晴れて合格の連絡をもらった際、「やっぱりWIEさんで間違っていなかった。」と確信しました。どうしても合格や感謝のご連絡を致したく、体験記をお送り致しました。今後も実用文を書く機会があれば、是非利用させてください。