Ⅰ 昇進・昇格とはどういうことか

昇進昇格試験論文やビジネス文章を作成する際の参考になるコラムです。

①管理職の役割・仕事

 一般に管理職は個人としての担当業務だけではなく、部下を含めた部署全体の業務を指導・統括していくことになります。したがって、何らかの対策立案・提案をする際には、部署全体での行動を考えねばなりません。所属部署の人員・業務量を勘案した上で、実効性のある対策を立てるのです。またこの時、現状では能力的に不足であれば、増員や既存のメンバーに対する教育と言った、人材確保・能力養成まで考える必要があります。こうした部署全体を視野に入れていない場合には、「管理職として視点が低い」と評価されます。

 また、こうした自部署に対する指導・統括だけが管理職の仕事ではありません。これは見落とされる方が多いのですが、組織全体の中でご自身の所属部署が、どのように位置づけられているかを理解し、他部署との調整をすることも、管理職として重要な仕事です。例えば、営業部全体として新規市場の開拓という課題があったとしましょう。この時、営業部内で担当地区ごとに課が分かれていたとします。ここで、ご自身が課長として、従来の個人消費者向けから、新規市場として、企業向け・官公庁向けの受注の拡大をすべきだと、提案するのなら他課との業務分掌まで考える必要があります。

 例えば、ご自身が課長である課は担当地区を持たないことにして、全国の企業・官公庁をすべて営業対象とする、といった提案が可能でしょう。あるいは、地区担当制はそのままにして、課長たちが定期的に集まり、それぞれの担当地区で得た企業・官公庁向け営業活動の情報を交換する、といった方法を提案すべきかも知れません。いずれにしましても自分が課長を務める課の問題だけではなく、部内の他課との連絡や調整も管理職として重要な仕事です。

 最後に、こうした係同士、課同士といった、同格の部署間での調整だけではなく、より上位の指示を具体化する、という仕事もあります。例えば、売上○%アップといった目標が出された場合、自部署の中でどの部門をどうすればこれを達成できるか、上長から示された一般的な指示を、自部署の担当業務と照らし合わせて、具体的な行動にしなければなりません。これに伴い、現在の業務分担の見直しや、優先順位の変更なども考えることになるでしょう。逆に、自部署の問題を整理して、上長に報告・相談し、支援を仰ぐことも時には必要になります。

 以上見て参りましたように、(中間)管理職の役割は、部下に対するいわば「下向き」のものだけではありません。同格の部署間での連絡・調整と言った「水平方向」の仕事や、上長の指示を具体化し、また現状を報告・相談する、といった「上向き」の仕事もあります。もちろん、これら3方向の役割のうち、どれが重要かは、部署や立場によってさまざまです。場合によっては、水平方向の連絡/調整がほとんど不要なこともあるでしょう。しかし、ある方向での役割が高いにも拘わらず、それを無視または軽視した答案を書いたのであれば、管理職として不的確だと評価されてしまいます。

 技術職・研究職はもとより、営業職などでも優れた専門知識を持っているにも拘わらず、昇進昇格試験の成績が伸びない、周囲の評価が低いという方が少なくありません。その多くの場合が、ご自身が持っている専門知識が、部署全体、さらには御社全体の中でどのような位置づけであり、何を期待されているかを明確にできていないことが原因となっているのです。

目次へ