WIE小論文navi:日本大学小論文講座(一般)

現在、新年度版(2021年入学者対象)を準備中です。今しばらくお待ちください。
開講までに基礎学習を希望される方は、入門小論文講座を受講されるか、あるいは自習用教材のご利用をお勧めします。

※新型コロナウイルス対策で、高校の授業進度に差が生じています。このため、21年度入試では事前提出書類や小論文試験がより重視されると思われます。詳しくはこちらをご覧ください。

WIE受講者の合格実績はこちら

受講対象とコンセプト


難易度:上級レベル

日大を小論文入試で目指す方に。
日本大学の小論文過去問に取り組むことで、合格を目指します。

取り組む過去問は、過去3年分です。

※多くの学部・学科で、2期あるいは3期の試験を実施していますが、芸術学部放送学科を除き、いずれの期も出題傾向に差はありません。本講座は、1期の過去問演習ですが、他の期にも十分対応しています。2期・3期を受験される方も、まずは本講座を受講してください。その上でお時間に余裕があれば、2期・3期の過去問に挑戦するとよいでしょう。
 なお、1期と2期で出題傾向が異なる芸術学部放送学科に関しては、それぞれの期に対応した過去問演習講座を開設します。

  • 受講期間は、ご入金確認日より1年間です。
  • 各講座それぞれ、18~20年(一部17, 19, 20年)の試験問題を演習します。また、1年分(20年)、2年分(19, 20年)となる講座もあります。
  • 添削指導とテキストの2本立て。
  • テキスト内容は「小論文の書き方」+志望先ごとに個別の「傾向と対策」。
  • 志望先学部・学科の講座が選べます。
  • 英文での出題がある場合、英文問題も演習します。
  • 個々の文章・思考力の養成とともに、大学側の出題意図や近現代の思想動向に関する知識も補強します。

受講の前に…

 初めて小論文対策に取り組まれる方は、「入門小論文」を受講してから、大学別講座を受講されることを、お勧めしております。

 特に高校3年生の1学期までは、専門性の難関校の高い過去問演習をするよりも、高校で学習する各科目の基礎学力を伸ばすとともに、「入門小論文」で論理的な文章を書くための必須事項を着実に学んでいただくことが重要です。その後、夏休み以降の段階で大学別講座で志望校の過去問に挑戦されることを、お勧めいたします。

 その理由は、
1.理系を中心に、各学部・学科の専門に関係する知識が必要な出題が多いく、対応する高校の各教科を履修しておく必要がある。
2. 論理的な文章を書くための基礎的な能力を鍛える機会が少ないために、志望校の過去問を用いた演習をいきなり行っても、答案を改善する方法が理解しづらい。
ということです。

 実際、昨年度の実績では、「入門小論文」を受講してから大学別講座を受講された方の合格率は、大学別講座だけを受講された方よりも、10%から20%高くなっています。

添削主任より:日大を志望される皆さんへ

 日本大学では、芸術学部・医学部・歯学部の入試で、小論文が必須です。

 芸術学部では、二次で、学科ごとに実技もしくは小論文・作文試験が課されます。制限字数はどれも1,000字以内ですし、設問の要求もさほど難しいものではありません。ただし、しばしば抽象的なものが小論文のテーマとされることがあります。このとき、テーマだけに意識を向けてしまうと、志望先とは無関係の日常的雑感や個人的な興味・関心事について書いてしまいがちですから、注意が必要です。常に志望先への提出文書であることを忘れず、そこを目指す者の視点でテーマを扱うよう心がけたいものですね。

2020(令和2)年度入試から、芸術学部演劇学科が改変されましたが、出題傾向に大きな変化はありません。また、同学部美術学科は彫刻コース地域芸術専攻が設けられ、小論文を課しています。

 また、医・歯学部(+松戸歯学部)でも、さほど難しい試験は課されていないようです。小論文の基礎理解ができてさえいれば、問いに愚直に応える訓練を積んでおくだけで、十分でしょう。もっとも、この基礎理解は一朝一夕にはできません。多くの小論文を書き、それに対する他者の厳しい批評を受けて、やっと構築できるものなのです。また、本年より医学部N方式対策の講座を新設しました

講座の内容

配布教材 添削問題数 添削回数 受講方式
『小論文標準テキスト』
取り組む「問題」
「傾向と対策」
過去3年分 全問再添削 いずれか一つを選択
(受講中の方式の変更可)


…「問題」「傾向と対策」は、二つを合わせた冊子テキストを発送します。


…添削は、同じ問題について初回と再添削の2回行います。

答案提出期限

弊社より入金確認の御連絡をした日を以て契約の成立日として、その日から1年間、いつ答案を提出してもかまいません。お急ぎの方も余裕のある方も、ご自分のペースで受講を進めることが出来ます。

 

受講の概要

  • ご入金の確認とともに、教材一式を発送します。教材と受講要領をご覧の上、教材のページ順に解答して、WIEまでお送りください。
  • 教材発送の方式は、郵送とEメールによる電送のどちらかをお選びいただきます。電送の場合は、PDF形式のファイルでの送信となりますので、5MB程度のファイルが送受信可能なメールアドレスをご用意ください。
  • WIEは答案受付後、通常4~5営業日、最大7営業日以内に添削文を発送します。なおまとめ出しの場合など、必ずしもこの時間内に発送できない場合があります。詳細は「添削所要時間」のページでご確認下さい。
    ※お急ぎの方は、教材をお求めの上、こちらをご利用下さい。最短48時間で添削します。
  • 受講期間中は、メールにて、添削のほか学習上の質問にもお答えします。
  • 受験に関する疑問や学習上のハードルなど、学校の先生に相談する感覚で遠慮なくご質問ください。担当講師から、メールか、添削返却時に回答があります。

料金・お申込

  • お申し込みの前に、このページと通販法表記をよく読んで、記載事項にご同意下さい。
    ≫詳しいご案内
  • お客様の個人情報は、SSL・個人情報保護規定によって保護されています。
講座名:日本大学小論文講座(一般) 添削問題数 料金 お申込
芸術学部映画学科 3年分 ¥26,000
芸術学部演劇学科(舞台構想) 3年分 ¥26,000
芸術学部写真学科 3年分 ¥26,000
芸術学部文芸学科 3年分 ¥26,000
芸術学部放送学科:第1期 3年分 ¥26,000
芸術学部放送学科:第2期 3年分 ¥26,000
芸術学部音楽学科(作曲理論)(17, 19, 20年) 3年分 ¥26,000
芸術学部音楽学科(音楽教育) 3年分 ¥26,000
芸術学部音楽学科(情報音楽) 3年分 ¥26,000
芸術学部美術学科(地域芸術) 1年分 ¥10,000
医学部:A方式 3年分 ¥26,000
医学部:N方式 2年分 ¥18,000
歯学部:A方式(17~19年) 3年分 ¥26,000
松戸歯学部 3年分 ¥26,000
推薦入試・AO入試     こちら

芸術学部音楽学科(作曲理論)の2018年過去問は、受験者が少なかったため、非公開です

※リストにない学部学科は、問題手配依頼小論文でお取り扱いします。

 

合格者のコメント(クリックで詳細を表示します)

M・Sさん (2020年日本大学 日本大学芸術学部写真学科合格)

 私が西早稲田教育研究所(以下WIE)の小論文添削講座に申し込んだのは入試のわずか一ヶ月前という直前でした。入試までの残された約三週間で2年分の小論文を添削していただいたのですが、WIEの添削は再提出まで含めてワンセットです。教材の送付から回答提出、添削の送付という一連の流れがスピーディーに行われたのはメールを用いたデジタル形式での提出システムのおかげでありWIEの強みであると実感しました。私は小論文の経験が全くなく直前の対策で不安がありましたが、最初に小論文とは何かという教材をいただけるので要領を掴むことができました。また、途中で答案ファイルの送信トラブルも発生しましたが電話での対応が可能であったため、すぐに解決することができ安心しました。
 WIEの添削はかなり細かいところまで指摘があります。最初はショックを受けることもありますが、添削は非常に丁寧で合理的なものです。めげずに、改善点があるという事実をモチベーションに繋げることこそが合格への必要不可欠なステップです。自分は芸術学部のため専門的かつ抽象的な内容の小論文が要求されていたのですが、複数の書き方を提案してくださったおかげで本番でも自分の考えを適確な方向性で示すことができました。
 短い期間でしたが、スピード感のあるシステムのおかげで集中して取り組むことができました。ありがとうございました。                      

M・Tさん (日本大学 日本大学芸術学部写真学科合格)

 私は受験勉強が大嫌いでした。実際、古文単語や英熟語はこれからの大学生活において必要のないものだと思います。
 しかし小論文は別だと思います。大学では、高校とは違ってレポート提出がとても多いのですが、そんなときに、受験時に身につけた小論文のノウハウを、生かすことができます。このように、小論文は他の教科とは違い、そこで学んだ知識や経験は、受験終了後も継続して活用していけるのです。
 wieの講座を受講する皆さんは、初めて小論文を書いて、その添削結果が散々たるものでも、決して落ち込まないで下さい。負けてたまるか、という気持ちになってほしいのです。
 私の場合で言えば、当初wieの添削で「小論文」を書けていない、つまり「小論文」のつもりで書いていたものが、実は小論文とは全く言えない、評価されない文章だという指摘を受けました。それどころか、設問に正しく答えていない、挙句の果てには「採点対象外」だとまで書かれました。
 そこで一度は投げやりになりましたが、段々悔しくなり、小論文の基礎から学び、書き直していきました。その結果「小論文」が書けるようになり、志望校に合格することができました。 
 このように、小論文は書いていく度にコツが身につき、上達していくものです。ともかく書く回数を重ね、途中で投げ出さないことが小論文の極意だと私は思います。

Y・Nさん (日本大学 日本大学芸術学部文芸学科合格)

 第一志望の日本大学芸術学部文芸学科に合格しました! 以前から文章を書くのが好きだったので、小論文の対策をする必要は特にないだろうと考えていました。しかし、実際の試験の前に念のため過去問の添削を受けたいと思い、WIEの日芸対策講座を受講することにしました。
 初回の答案提出の際には、絶対に「合格圏」がもらえると自信を持っていましたが、返却された答案を見ると、「合格圏外」「課題の要求に応えていない」等の厳しい言葉が並んでいました。最初はなぜそのように評価されたのか理解できませんでしたが、解説を読むうちに自分自身「論文や作文とは何か」ということが、全く分かっていなかったことに気付きました。添削コメントではその点について、非常にわかりやすく解説して頂き、添削を重ねる内に合格圏がとれるようになりました。WIEでは、本当の意味での小論文の基礎を教えていただきました。どうもありがとうございました。