WIE小論文navi:東京学芸大学小論文

受講対象とコンセプト

≫推薦AO入試はこちら

只今新年度版(2019年度入学者対象)を準備中です。しばらくお待ち下さい。
それまでの期間、入門小論文または小論文webラジオ・CD講座で基礎固めをするようおすすめします。
なお開講しましたら、こちらでお知らせします。


難易度:上級レベル

東京学芸大を小論文入試で目指す方に。
東京学芸大の小論文過去問に取り組むことで、合格を目指します。

取り組む過去問は、過去3年分です。

  • 受講期間は、ご入金確認日より1年間です。
  • 各講座それぞれ、16~18年の試験問題を演習します。
  • 添削指導とテキストの2本立て。
  • テキスト内容は「小論文の書き方」+志望先ごとに個別の「傾向と対策」。
  • 志望先学部・学科の講座が選べます。
  • 英文での出題がある場合、英文問題も演習します。
  • 個々の文章・思考力の養成とともに、大学側の出題意図や近現代の思想動向に関する知識も補強します。

受講の前に…

はじめて小論文に取り組む方は入門小論文または小論文webラジオ講座の受講をおすすめします。

添削主任より:東京学芸大学を志望される皆さんへ

 東京学芸大学では、前期日程入試の半分近い選修・専攻で、小論文試験が行われます。どの問題もよく研究された良問だといえます。高校で学習する内容が正しく身についているか、あるいは各選修・専攻と関連の深い分野に関する考察ができるかを問うものです。ただ、良問だけに、事前に十分な対策をしているか否かで、大きく得点に差が生じます。

 出題形式は、数頁程度の課題文を読ませ、その内容を400字程度で書く設問と、解答者の考えを600字程度で述べる設問との組み合わせ、というのが一番多くなっています。A学校教育・C類特別支援教育およびE類の各コースが、この出題形式を採用しています。しかし、A類の国際教育やDの養護教育のように、課題文がない、あるいはあってもごく短いという出題もあります。ただ、こうした課題文がない、あるいはあっても極端に短い出題の場合でも、設問の重要概念(語句)に対する知識が必要になるなど、課題文ありの場合より易しいとは言えません。いずれも他の選修・専攻と難易に大きな差がないように調整されています。

 また、課題文ではなく図表が与えられる場合もあります。A・B類の家庭科がこの形式ですが、過去には他の選修・専攻でも図表が出題されたことがあります。2014年の学部改変後、それぞの選修・専攻の出題がどうなるか注目されましたが、ほとんどが改変前と同じ出題傾向でした。

 以上簡単に見てきましたように、東京学芸大学では、選修・専攻によって、それぞれ特色のある出題がされています。しかし、各選修・専攻の出題傾向には、例年大きな変化はありません。したがって、過去問演習をしておきますと、非常に有利になるといえます。


合格者のコメント

 WIEで小論文の添削を受けて良かったと思います。1つの小論文に対しての指導内容がとても細かく、わかりやすかったです。初めの方はサボってしまい、試験の何週間か前に3、4つの小論文を早いペースで提出してしまいましたが、それでも間に合うように早いペースで添削してくださり、助かりました。ありがとうございました。毎回添削で直すところが多かったのですごく不安でしたが、最後の添削の時に、「昨年合格者と比べても平均以上の能力をお持ちです、自信をもって取り組んでください。」と書いてあったので自信を持って取り組むことができました。第一志望合格という良い報告をすることができて良かったです。本当にありがとうございました。
O・Aさん(2017東京学芸大学 C類特別支援合格)

 私はセンター試験を終えた後に二次試験の科目を小論文にしました。なので、時間が少なく書けるようになるのか不安でした。一回目の添削では小論文と呼べるほどのものも書けず、多くのことを指摘していただきました。二回目では指摘していただいたことを見直し、内容を吟味し、大幅に改善されたのが自分でもわかりました。それでも直す所がまだあり、突き詰めて書くことを意識できるようになりました。3年分もやると、パターンや、書き方が自分なりにわかるようになり、初見のものもある程度は書けるようになりました。重要なのは内容を吟味し、じっくり考えることだと思います。それをさぼらず行ったことで、本番でも焦らず、考えられました。添削のおかげでなんとか小論文の形になりました。wieには非常に感謝してます、ありがとうございました。
M・Sさん(2017東京学芸大学 E類生涯学習合格)

 先日合格発表があり、今日合格通知が届きました。正直びっくりしています。私はセンターを失敗してしまい、センターリサーチはC判定で合格は厳しい状況でした。WIEのサイトを見つけた時は、こんなにお金がかかるのかという印象でしたが、添削例を見るととても詳しそうだったので、WIEで頑張ろうと決めました。添削例通り、添削はとても丁寧でわかりやすかったです。また、添削者の違う視点での意見も書かれてあり、とても参考になりました。小論文を勉強していくにつれて、添削が返ってくるのが楽しみになりました。
試験当日は、WIEで自分は小論文を勉強してきたという自信があったので落ち着いて試験に臨めました。そして無事合格することが出来ました。これも添削していただいた西田さん中島さんをはじめ、WIEのみなさんのおかげです。本当にありがとうございました。
K・Nさん (2015東京学芸大学 A類学校教育合格)

講座の内容

配布教材 添削問題数 添削回数 受講方式
「小論文の書き方」テキスト
取り組む「問題」
「傾向と対策」
過去3年分 全問再添削 いずれか一つを選択
(受講中に方式の変更可)


…「問題」「傾向と対策」は、二つを合わせた冊子テキストを発送します。


…添削は、同じ問題について初回と再添削の2回行います。

答案提出期限

受講開始から1年間、いつ答案を提出してもかまいません。お急ぎの方も余裕のある方も、ご自分のペースで受講を進めることが出来ます。

 

受講の概要

  • ご入金の確認とともに、教材一式を発送します。教材と受講要領をご覧の上、教材のページ順に解答して、WIEまでお送りください。
  • WIEは答案受付後、7営業日以内に添削文を発送します。なおまとめ出しの場合など、必ずしもこの時間内に発送できない場合があります。詳細は「添削所要時間」のページでご確認下さい。
    ※お急ぎの方は、教材をお求めの上、こちらをご利用下さい。最短48時間で添削します。
  • 受講期間中は、メールにて、添削のほか学習上の質問にもお答えします。
  • 受験に関する疑問や学習上のハードルなど、学校の先生に相談する感覚で遠慮なくご質問ください。担当講師から、メールか、添削返却時に回答があります。

料金・お申込

  • お申し込みの前に、このページと通販法表記をよく読んで、記載事項にご同意下さい。
    ≫詳しいご案内
  • お客様の個人情報は、SSL・個人情報保護規定によって保護されています。
講座名:東京学芸大学小論文 添削問題数 料金 お申込
教育学部(A類-学校教育) 前期 3年分 ¥26,400 準備中
教育学部(A・B類-家庭) 前期 3年分 ¥49,800 準備中
教育学部(C類-特別支援教育) 前期 3年分 ¥26,400 準備中
教育学部(D類-養護教育) 前期 3年分 ¥26,400 準備中
教育学部(E類-表現教育) 前期 3年分 ¥26,400 準備中
教育学部(E類-多文化共生) 前期 3年分 ¥49,800 準備中
教育学部(E類-ソーシャルワーク) 前期 3年分 ¥26,400 準備中
教育学部(E類-生涯学習) 前期 3年分 ¥26,400 準備中
推薦入試・AO入試     →こちら

※リストにない学部学科は、カスタム小論文でお取り扱いします。