WIE小論文navi:九州大学小論文講座(一般後期)

≫推薦AO入試はこちら

お待たせいたしました。新年度版(2021年入学者対象)を開講いたしました。

受講者数が定員に達しますと、募集を終了いたします。お申し込みはお早めにお願い申し上げます。

※新型コロナウイルス対策で、高校の授業進度に差が生じています。このため、21年度入試では事前提出書類や小論文試験がより重視されると思われます。詳しくはこちらをご覧ください。

WIE受講者の合格実績はこちら

受講対象とコンセプト


難易度:上級~難関レベル

九大を小論文入試で目指す方に。
九州大の小論文過去問に取り組むことで、合格を目指します。

取り組む過去問は、過去3年分です。

  • 受講期間は、ご入金確認日より1年間です。
  • 各講座それぞれ、18~20年の試験問題を演習します。
    *一部2年分(19~20年)となる講座があります。お申込フォームでご確認ください。
  • 添削指導とテキストの2本立て。
  • テキスト内容は「小論文の書き方」+志望先ごとに個別の「傾向と対策」。
  • 志望先学部・学科の講座が選べます。
  • 英文での出題がある場合、英文問題も演習します。
  • 個々の文章・思考力の養成とともに、大学側の出題意図や近現代の思想動向に関する知識も補強します。

受講の前に…

 初めて小論文対策に取り組まれる方は、「入門小論文」を受講してから、大学別講座を受講されることを、お勧めしております。

 特に高校3年生の1学期までは、専門性の難関校の高い過去問演習をするよりも、高校で学習する各科目の基礎学力を伸ばすとともに、「入門小論文」で論理的な文章を書くための必須事項を着実に学んでいただくことが重要です。その後、夏休み以降の段階で大学別講座で志望校の過去問に挑戦されることを、お勧めいたします。

 その理由は、
1.理系を中心に、各学部・学科の専門に関係する知識が必要な出題が多いく、対応する高校の各教科を履修しておく必要がある。
2. 論理的な文章を書くための基礎的な能力を鍛える機会が少ないために、志望校の過去問を用いた演習をいきなり行っても、答案を改善する方法が理解しづらい。
ということです。

 実際、昨年度の実績では、「入門小論文」を受講してから大学別講座を受講された方の合格率は、大学別講座だけを受講された方よりも、10%から20%高くなっています。

添削主任より:九州大学を志望される皆さんへ

 WIEでは、後期日程の文学部・経済学部(経済・経営学科と経済工学科)・農学部の5つの小論文講座を用意しています。それぞれ個性的な出題傾向が見られます。

 文学部は、大学入試の小論文としては、書かなければならない分量が多いことが特徴です。800~1000字程度の答案を書く練習をしている受験生は多いですが、その倍の分量を書くには、また違った準備が必要です。

 これに対して、経済学部では、経済・経営学科と経済工学科では、出題傾向が大きく異なります。経済工学科では、数式の操作が要求され、いわゆる理系分野の出題です。一方、経済・経営学科は、一般教科の英語に近い出題です。ただし、文章で答える設問が多くなっており、小論文対策が必要です。

 農学部の出題も、経済学部経済・経営学科とおなじく、英文課題文が与えられます。英語としてはそれほど難しくないのですが、一般教科の英語で出題されるものより長いので、過去問演習をしていませんと、戸惑うことになるでしょう。

 いずれの学部・学科に対しても、小論文の過去問を十分研究しておくことが、合格への必要条件といえるでしょう。

 2021年度入試から、法学部後期の小論文は廃止となります。また、文学部では小論文II、経済学部では志望理由書が新たに採点の対象になります。

合格者の添削例

講座の内容

配布教材 添削問題数 添削回数 受講方式
『小論文標準テキスト』
取り組む「問題」
「傾向と対策」
過去3年分
(一部2年分となる
講座があります)
全問再添削 いずれか一つを選択

…「問題」「傾向と対策」は、二つを合わせた冊子テキストを発送します。

…添削は、同じ問題について初回と再添削の2回行います。

答案提出期限

弊社より入金確認の御連絡をした日を以て契約の成立日として、その日から1年間、いつ答案を提出してもかまいません。お急ぎの方も余裕のある方も、ご自分のペースで受講を進めることが出来ます。

 

受講の概要

  • ご入金の確認とともに、教材一式を発送します。教材と受講要領をご覧の上、教材のページ順に解答して、WIEまでお送りください。
  • 教材発送の方式は、郵送とEメールによる電送のどちらかをお選びいただきます。電送の場合は、PDF形式のファイルでの送信となりますので、5MB程度のファイルが送受信可能なメールアドレスをご用意ください。
  • WIEは答案受付後、通常4~5営業日、最大7営業日以内に添削文を発送します。なおまとめ出しの場合など、必ずしもこの時間内に発送できない場合があります。詳細は「添削所要時間」のページでご確認下さい。
    ※お急ぎの方は、教材をお求めの上、こちらをご利用下さい。最短48時間で添削します。
  • 受講期間中は、メールにて、添削のほか学習上の質問にもお答えします。
  • 受験に関する疑問や学習上のハードルなど、学校の先生に相談する感覚で遠慮なくご質問ください。担当講師から、メールか、添削返却時に回答があります。

料金・お申込

  • お申し込みの前に、このページと通販法表記をよく読んで、記載事項にご同意下さい。
    ≫詳しいご案内
  • お客様の個人情報は、SSL・個人情報保護規定によって保護されています。
講座名:九州大学小論文講座(一般後期) 添削問題数 料金 お申込
文学部:後期 3年分 ¥50,000
経済学部経済・経営学科:後期 2年分 ¥42,400
経済学部経済工学科:後期 3年分 ¥32,300
農学部:後期 2年分 ¥42,400
文学部後期の小論文II、経済学部後期の志望理由書     こちら
推薦入試・総合型入試     こちら

※リストにない学部学科は、問題手配依頼小論文でお取り扱いします。

 

合格者のコメント(クリックで詳細を表示します)

S・Aさん(2015年九州大学 法学部合格)

 小論文どころか、文章を書くことそのものに全くなれていなかった私にとって、夏休み後に小論文受験を決めたことは大きなかけでした。 
 しかし一般入試で九州大や、その他の法学部に合格するほどには、一般教科の点数が取れていなかったこともあり、小論文受験しか道がありませんでした。 
 ところが通えるような場所には小論文を教えてくれる予備校はなく、あっても九大レベルの合格実績がありませんでした。 
 そこでwieの講座を受講することにしたのですが、決め手はこの合格実績でした。 添削を受け始めた当初、「小論文の講座でこんなことまで指摘されるのか」と戸惑いがありましたが、こうした指摘はすべて、合格できる答案を書くために必要なことなのだと、添削をやりとりするうちにわかってきました。 
 そのほかにもwieの添削では、単に文章の書き方にとどまらない指導が受けられ、受験だけではなく今後の人生に役立つように思います。 
 トータルで3年分の過去問をこなした結果、無事に合格することができましたが、指導してくださったwieの先生様、どうもありがとうございました。