Ⅵ 解答者の職歴・職種による注意事項

昇進昇格試験論文やビジネス文章を作成する際の参考になるコラムです。

⑥営業職②・・・他部署との連携

 マーケティング部門や営業部門に所属している方は、ユーザニーズを把握することや競合他社の販売戦略には詳しいでしょう。しかし、技術に明るくなければ、どの程度までユーザニーズに応えた製品を開発できるかわからないのもまた事実です。新製品開発の方向性は、技術部門と、マーケティング部門や営業部門の対話の中から生まれてくるのが本来の業務の流れのはずです。御社では、果たしてこのような業務の流れになっているのでしょうか?あるいは、技術部門が市場の動向を軽視して作りたいものを作っているだけということはないでしょうか?

 御社の製品が市場でどのように評価されているかわかりませんが、現在の日本の家電メーカーの多くは、まだまだ、ユーザニーズを軽視した技術オタクの製品を作る傾向が強いように思えます。

目次へ