Ⅲ 答案作成の手順

昇進昇格試験論文やビジネス文章を作成する際の参考になるコラムです。

⑫「道草文」

 文章全体を貫くストーリーが無く、記述内容が途中でころころと変わっています。これはいわゆる「道草文」というべきもので、実用文・論文のみならず、文章として失格です。道草文は世にはびこるダメな文の、多くを占めます。なぜそのような文になってしまうかと言えば、実用文とはそもそもどのような構造を持つものか、理解していないことにあります。

 実用文は、文章の中で最も書き手が主張したいただ1つの自説と、その論証からなります。これ以外に、論旨明快な文章を書く手だてはありません。しかし思いついたことを思いついたまま書く、あるいは文と文、段落と段落の関係を考えず、ただもう字数を埋めることのみを目的に文章を書けば、必ず道草文になって失敗します。

 改善の方針は、第一に自説を明確に立てること、そしてそれを文章の冒頭に置くことです。1500字を超えるような長文の場合は、自説の前に前置きがあるのはかまいませんが、前提として自説の位置は冒頭です。

 改善の方針第二は、自説を論証する材料を、規定字数を埋めることが出来るだけの数、考え出すことです。論証の材料1つには、おおむね150字=1段落を用いますから、どれだけ論証の材料を考えればいいかは、自ずから明らかでしょう。例えば1200字なら、1200÷150=8、すなわち文章全体は8段落、うち1段落を自説に用いるとして、残り7段落=7つの論証の材料を考えればいいということになります。

 もちろん材料によっては、2段落を必要とするものもあり得ますが、原則は自説以外の段落の数だけ、異なる論証の材料が必要なのです。

 改善の方針第三は、段落と段落、文と文の間には、必ずつなぎの言葉を入れることです。これは、話が飛んでしまうことを防ぐ=文脈をつなぐために必須の作業です。前の文の主部または述部のいずれも扱わない文を書く際には、必ず前後がどうつながるかを示す、つなぎの言葉を入れて下さい。これは段落も同様です。ほとんどの段落では、直前とは別の視点=内容を述べるわけですから、この作業が必要になります。

 逆に言えば、つなぎの言葉を冒頭に付けられないような記述は、書いてはいけないのです。これは文章を思いついた順序で書くのではなく、ストーリーに従って書くためには必要です。つまりこの作業は、書き手の頭の中にある(もやもやした)話を整理し、誰でも読んでわかるような構造へと、変換していくことなのです。

 ここで言うつなぎの言葉は、いわゆる接続詞に限りません。例えばこのコメントを見返してください。各段落の頭に、前段落やそれ以前の段落とつなぐための言葉があります。あるいはその中には、接続詞でないものもあるでしょう。しかしつなぎの言葉の目的は、読み手に無理なく、文意を分かってもらうことです。従って定型の接続詞にこだわるのではなく、何が適切な言葉なのか考える事が、文章力向上には必要です。

目次へ