Ⅱ 試験答案の基本

昇進昇格試験論文やビジネス文章を作成する際の参考になるコラムです。

⑤課題図書がある場合

 昇進試験では、恐らく課題図書の内容を把握していることを前提にした出題がなされるはずです。課題図書の内容を正しく把握していないと、課題文の指示を正しく理解できず、出題意図と見当違いの方向に議論を進めてしまう答案を作成する危険があるので、この点には十分に注意してください。

 なお、今回用意された想定問題と異なる形で、課題図書の内容に言及することが求められる可能性もあります。また、設問で直接課題図書に言及することを求めていない場合も、課題図書に示されている考え方を活かして議論を進める場合には、積極的にそのことを示すのが好ましいと申せます。こうしたことから、課題図書の熟読は、論文試験対策として極めて重要です。

目次へ