Ⅰ 昇進・昇格とはどういうことか

昇進昇格試験論文やビジネス文章を作成する際の参考になるコラムです。

③部門の責任者としての視点

 部門の長は、決して気まぐれで、自部門の目標を定めているわけではありません。企業全体の目標を実現するために、自部門がどの部分を担当すればよいかを常に考えながら、目標を定めているのです。昇進昇格試験では、この素養・能力が受験者に備わっているかを試すために、頻繁に具体的な行動と組織目標(=企業全体の目標や、自部門の目標)の関連を説明させます。

 平社員であればほとんどの場合、上司の定めた業務命令に従うだけでなんとかなるのでしょうが、管理職として業務に従事するには、前例を見習うだけでなく、変化する組織目標に対応して、具体的な業務を柔軟に変化させる必要性を理解していることが欠かせません。

目次へ