社会のために、WIEができること

小さなWIEも、また大きな社会の一部。それをWIEは忘れない。

救急救命資格受講画像

WIEのようなちっぽけな会社が、企業の社会貢献(CSR)などと言えば笑われるかも知れません。

しかし我々は本気です。世の中から浮き上がってしまえば、どんな組織も生き延びることを許されないからです。
…小さなWIEに何が出来るか。それを考えた末、正社員全員が救急救命資格を取ることにしました。

人はいつどこで、急病や不意のけがに見舞われるかわかりません。加えて昨今の状況では、救急車がなかなかやってこないなど、公的な安全保障にもほころびが生じています。
そんな時代、応急手当の技術を持つことは、単に自分のためのみならず、かたわらで倒れた人の命を救うことにつながります。

我々WIEのスタッフは、いつでも、誰かを助ける用意がある。これが、社会的責任を果たすための、WIEなりの回答です。


・救急救命資格取得者

高田 正継
高田の場合
西田 京一
西田の場合
・講座開始のご案内 (2017/10/3)  ≫詳細