お客様のために、WIEができること

お客様のお役に立つことで生きていこう。それがWIEの決意。

仕事の風景画像

WIEのスタッフは、東大早慶など、いわゆる難関校出身者が中心です。
こうして十分な教育を受けられたのは、社会のおかげでもあります。
…それなら、我々は、社会に恩返しをしなければならない。

では、我々は何ができるのか。そこでたどり着いたのが、文章の指導でした。
文章は、世の中のあらゆる場面で必要とされていながら、それを教育する機関がほとんどない。
文章力は、誰もが必要としていながら、その訓練を受ける機会がほとんどない。

…そこでWIEは、文章の指導を通じて、社会に、そしてお客様お一人お一人のお役に立とうと決意したのです。

文章を学ぶのも技術の習得ですから、決して簡単には身に付きません。
そこには、指導する側による正しい指導と、お客様による正しい演習が必要なのです。

その実現のため、我々WIEは、全力を挙げています。
…どうぞ皆様、我々WIEに、皆様の文章力・学力・論理能力向上の、お手伝いをさせて下さい。

生徒ではなく、お客様。それがWIEの商道徳。

教育産業であっても、お金をお支払い下さった方は、WIEの大切なお客様です。
…これは、当たり前の商道徳です。

ですからお客様に向き合うこと、感謝すること、これは当然のことだと確信しています。
お客様が苦心してお書きになった答案も、またお客様ご自身同様、丁重にお取り扱いせねばなりません。
丁寧に拝見し丁寧にお返しする、WIEはこれを習慣づけています。

※添削送信の様子。再生すると音が出ます。

・7月26日16:00より、電話回線のメンテナンスを行います。 (2017/7/26)  ≫詳細