WIE小論文navi:持込小論文添削(学部入試文系)

この講座をご利用の際は、いかなる事情にかかわらず、答案と共に問題文をお送り下さい。
問題文の添付がない場合、添削できません。

受講対象とコンセプト

ご自分で取り組む問題(日本語文)を用意している方に。≫英文課題はこちら

大学・短大・専門学校の文系学部を一般入試で目指す方に。

大学・大学院の志望動機書・研究計画書の添削も、こちらでお取り扱いします。

コンセプト

  • 小論文添削としては最もシンプルな、お客様に問題と答案をお送りいただいて添削する講座です。
  • 個々の文章・思考力の養成とともに、大学側の出題意図や近現代の思想動向に関する知識も補強します。

受講の前に

■理系の問題の方→持込小論文添削(理系)へ
■英文の問題の方→持込小論文添削(英文)へ
■院試・編入学・社会人入試の方→持込小論文添削(院試編入学)へ
■就職・昇進・資格試験の方→
実用論作文へ
■大学レポート・学術論文の方→学術論作文へ

添削主任:西田からのメッセージ


一口に「小論文」といっても,その出題テーマや解答のスタイルは,大学や学部・学科ごとにそれこそすべて異なります。ですから,一度は「志望校の過去問」を研究してみるのが,合格のためには絶対に必要です。

この講座では,「大学入試の小論文」として出題され,「日本語で答える」という問題であれば,「どんなテーマ,どんな形式の出題」でも,添削指導をいたします。
今までにも,哲学・歴史学・政治学……医学・生物学さらには環境問題など,およそ小論文として出題されたテーマにはすべて対応してきました。また,「課題文が英文である」「数式や化学式を答えなければいけない」といった出題形式でも,それぞれの専門分野のスタッフと協力しながら,責任を持って添削をしています。
「今までWIE以外に小論文講座をたくさん受けてきたが,いつも同じようなコメントでした。でも,この講座の問題の分析は全くちがった」「講師の知識の深さにびっくりした」「提出した答案が,解説とコメントで何倍にも増えて返ってきたが,それを読んで今までの自分の考え方が全く変わった」……。こうした多くの受講生の声にはげまされながら,私たちは「一つ一つの問題にもっとも適した分析」「ひとりひとりの受験にもっともふさわしい考え方」をつねに考えています。
「自分の志望にあった添削講座がない」と思っている方,あきらめないで,この「持込小論文」を受講してみてください。必ず「もっとも適切な添削指導」に出会えます。


担当講師:西田 京一西田 京一(にしだ・きょういち)
東京大学文学部西洋史学科卒業後、出版社に勤務。編集部で学術書・教科書・学術雑誌の編集に従事。2001年出版社退社後、共同経営者としてWIEを設立し、大学受験小論文の主任添削者を務める。

合格者のコメント

 新潟大学推薦入試の事前提出論文を添削していただいたNです。その節は大変お世話になりました。WIEに添削をしていただいたおかげで、合格することができました。
 WIEの添削は、他の添削講座にありがちな一方的に直して点数をつけるだけの方法とは異なり、提出した文章を直すだけでなくA4用紙2枚程度いっぱいに具体的な改善点から論題に関する詳細な知識まで書かれており、その後に大変役立ちました。さらに私の場合は事前提出論文に加え、その論文について深い内容を問われる面接試験があったため、WIEの添削によって得ることができた知識が特に役立ちました。
 WIEの添削は、正直に言って厳しいです。駄目なものには、駄目だとストレートに返ってきます。しかし、その厳しさによって本当に大きなものを得ることができたと思います。
 最後になりましたが、添削をしていただいたWIEの先生方、本当にありがとうございました。大学に進んでも慢心せず頑張ります。
N・Tさん(2017新潟大学 法学部合格)

 無事に、合格致しました!!!!
 先生に添削していただいたおかげで、文を良く読み、問われていることを慎重に考えて時間内に終えることができました。
 先生のご指導は大変わかりやすく、そしてコツがつかめるまで指摘していただいて、おもしろいくらいに上達していけました。
 不安もあったのですが、試験では、添削を思いだし、注意しながら進めることができました。
 お手紙には、いつも励ましのお言葉もいただいていましたし、それが自信につながっていきました。
 心より深く感謝しております。ありがとうございました。
A・Wさん(鎌倉女子大学短期大学部 初等教育科2部合格)

 おかげさまで愛知教育大生涯教育専攻造形文化コースに合格しました。
 本当のことを言うと、前期試験までに私立が合格しており、かなり気持ちが私立に傾いていました。
 その上、午後からの小論文が難しく、あきらめ半分で書き始めたら早く書けて、一時間も余ってしまい「早く帰りたいなー」なんて思っていました。
 だけど合格が分かり、倍率も5.3倍だったと知ると、迷いが生じ、二日悩んだ後、愛知に行くことに決めました。
 四回しか小論の練習をしていないのに合格できたのも、丁寧に添削指導していただいたおかげです。
本当にありがとうございました。
 またお世話になることがありましたら、よろしくお願いします。
M・Nさん(愛知教育大学 造形文化コース合格)

・合格者の添削例

講座の内容

配布教材 添削回数 受講方式
小論文過去問を分析・解説したテキストがつきます
オプション
この小論文講座は単独添削が選択できますまたはこの小論文講座は再添削が選択できます この小論文講座はメールで受講できますこの小論文講座はFAXで受講できますこの小論文講座は郵便で受講できます
問題はご用意下さい。
テキストはオプションです。
単独添削:1問を1回添削
再添削:1問を2回添削
いずれか1つを選択

・答案提出期限

受講開始から1年間、いつ答案を提出してもかまいません。お急ぎの方も余裕のある方も、ご自分のペースで受講を進めることが出来ます。

答案提出期限は、初回答案・再答案ともに、WIEでのご入金確認日から1年間です。

受講の概要

・お申し込みから添削返却まで

  • お申込手続き後、WIEにてご入金の確認が出来たら受講開始です。
  • 受講要領・」をご覧の上、小論文答案をWIEまでお送りください。
  • WIEは7営業日以内に添削文を発送しますが、まとめ出しの場合など、必ずしもこの時間内に発送できない場合があります。詳細は「添削所要時間」のページをご覧下さい。
  • お急ぎの方は、24時間で返却の特急添削をご利用下さい。

・単独添削でお申込の方

この小論文講座は単独添削が選択できます…一つの課題文に対する答案を、1回だけ添削します。

この小論文講座は単独添削が選択できます

・再添削でお申込の方

この小論文講座は再添削が選択できます…一つの課題文に対する答案を、初回+再添削、合計2回添削します。

この小論文講座は再添削が選択できます

  • 添削結果をもとに、書き直して再提出してください。WIEにて再添削し、返送します(1度だけの添削とは違い、確実に小論文の力がアップします)。

料金・お申込

  • お申し込みの前に、このページと通販法表記をよく読んで、記載事項にご同意下さい。
    ページ記載内容についてご不安な方は、このページを印刷し、お手元に残しておかれることを強くお勧めします。
  • メールでのお申し込みは、下のメールフォームをご利用ください。≫詳しいご案内
  • 郵便・FAXでのお申し込みは、≫こちらをご覧下さい。
  • お申込ボタンを押した際、警告が表示されることがありますが、この段階では、お客様の個人情報は一切送信されません。どうぞ安心して、「はい」を押して下さい。
    ≫詳しいご案内
000
お客様の個人情報は、SSL個人情報保護規定によって保護されています。
講座名:持込小論文添削(文系) 料金 個数・お申込
・ 文系学部一般入試
日本語1課題:答案字数1,200字まで
この小論文講座は単独添削が選択できます
単独添削
¥5,500
この小論文講座は再添削が選択できます
再添削
¥7,800
・ オプション:WIE小論文標準テキスト ¥3,000
  • 1,201字以上の答案は、1,200字ごとに申込個数を1つ増やしてください。
  • 1課題分の料金で、600字×2題を添削するなど、文字数を分割してのお取り扱いはできません。1課題ごとに申込個数を1つ増やしてください。
  • 文字数は、データ提出の場合総文字数(空白含む)で、手書き提出の場合は、原稿用紙1枚あたりの文字数×枚数(空白含む)で算出して下さい。
  • 設問の規定より少ない字数でのお申し込みは出来ません。
    申込個数をいくつにすればよいか迷ったら、こちらをご覧下さい。

・講座開始のご案内 (2017/5/12)  ≫詳細