WIE小論文navi:九州大学小論文

≫推薦AO入試はこちら

受講対象とコンセプト

お待たせ致しました。新年度版を開講致しました。

なお、こちらの講座は、定員に達し次第、受講を締め切らせて頂きます。
お申込みはお早めに。

この小論文講座の難易度は「上級」です・・ 難易度:上級~難関レベル

九大を小論文入試で目指す方に。
九州大の小論文過去問に取り組むことで、合格を目指します。

取り組む過去問は、過去3年分です。

コンセプト

  • 受講期間は、ご入金確認日より1年間です。
  • 各講座それぞれ、14~16年の試験問題を演習します。
    一部2年分(15~16年)となる講座があります。お申込フォームでご確認ください。
  • 添削指導とテキストの2本立て。
  • テキスト内容は「小論文の書き方」+志望先ごとに個別の「傾向と対策」。
  • 志望先学部・学科の講座が選べます。
  • 英文での出題がある場合、英文問題も演習します。
  • 個々の文章・思考力の養成とともに、大学側の出題意図や近現代の思想動向に関する知識も補強します。

受講の前に

添削主任より:九州大学を志望される皆さんへ


 WIEでは、後期日程の文学部・法学部・経済学部(経済・経営学科と経済工学科)・農学部の5つの小論文講座を用意しています。それぞれ個性的な出題傾向が見られます。
  文・法学部は、いずれも大学入試の小論文としては、書かなければならない分量が多いことが特徴です。800~1000字程度の答案を書く練習をしている受験生は多いですが、その倍の分量を書くには、また違った準備が必要です。また、法学部の小論文では、課題文が複数ありますが、そのうち1つは英文です。複数の課題文への対処、英文への取り組みの演習をしておく必要があります。
  これに対して、経済学部では、経済・経営学科と経済工学科では、出題傾向が大きく異なります。経済工学科では、数式の操作が要求され、いわゆる理系分野の出題です。一方、経済・経営学科は、一般教科の英語に近い出題です。ただし、文章で答える設問が多くなっており、小論文対策が必要です。
  農学部の出題も、経済学部経済・経営学科とおなじく、英文課題文が与えられます。英語としてはそれほど難しくないのですが、一般教科の英語で出題されるものより長いので、過去問演習をしていませんと、戸惑うことになるでしょう。
  いずれの学部・学科に対しても、小論文の過去問を十分研究しておくことが、合格への必要条件といえるでしょう。


合格者のコメント

小論文どころか、文章を書くことそのものに全くなれていなかった私にとって、夏休み後に小論文受験を決めたことは大きなかけでした。
しかし一般入試で九州大や、その他の法学部に合格するほどには、一般教科の点数が取れていなかったこともあり、小論文受験しか道がありませんでした。
ところが通えるような場所には小論文を教えてくれる予備校はなく、あっても九大レベルの合格実績がありませんでした。
そこでwieの講座を受講することにしたのですが、決め手はこの合格実績でした。
添削を受け始めた当初、「小論文の講座でこんなことまで指摘されるのか」と戸惑いがありましたが、こうした指摘はすべて、合格できる答案を書くために必要なことなのだと、添削をやりとりするうちにわかってきました。
そのほかにもwieの添削では、単に文章の書き方にとどまらない指導が受けられ、受験だけではなく今後の人生に役立つように思います。
トータルで3年分の過去問をこなした結果、無事に合格することができましたが、指導してくださったwieの先生様、どうもありがとうございました。

S・Aさん(九州大学 法学部 合格)

・合格者の添削例

講座の内容

配布教材 添削問題数 添削回数 受講方式
WIE共通小論文テキストがつきます取り組む小論文課題がつきます過去問の分析と対策の解説がつきます この小論文講座は過去3年分を指導します この小論文講座は再添削が受けられます この小論文講座はメールで受講できますこの小論文講座はFAXで受講できますこの小論文講座は郵便で受講できます
「小論文の書き方」テキスト
取り組む「問題」
「傾向と対策」
過去3年分
(一部2年分となる
講座があります)
全問
再添削
いずれか1つを選択

・詳しいご案内 ・受講の進め方

料金・お申込

講座名:九州大学小論文 添削問題数 料金 お申込
WIE共通小論文テキストがつきます取り組む小論文課題がつきます過去問の分析と対策の解説がつきます添削付き 文学部後期 3年分 ¥49,800
法学部後期 2年分 ¥52,500
経済学部(経済・経営)後期 2年分 ¥48,300
経済学部(経済工学)後期 3年分 ¥32,700
農学部後期 3年分 ¥42,600
推薦入試・AO入試 →こちらをご覧下さい

※リストにない学部学科は、カスタム小論文でお取り扱いします。


・メンテナンスは終了しました。 (2017/1/27)  ≫詳細