WIE小論文navi:慶応義塾大学小論文対策室

対応する小論文添削講座

・ 慶応大学小論文(論述力試験対策)

出題小論文過去問基礎データ

・経済学部(A方式・B方式)

年度 答案文字数 試験時間(分) 配点 概要
12 580 60 70 霜柱の実験
13 600 60 70 原発再稼働への賛否
14 600 60 70 技術革新
15 600 60 70 知恵・情報・知識
16 600 60 70 公共哲学における自由

※データの解釈が課されることが多い。ゆえに統計的感覚を持つ必要がある。

・商学部(B方式)

年度 答案文字数 試験時間(分) 配点 概要
12 285 70 100 企業の社会的責任/渋滞のメカニズム
13 265 70 100 インセンティブ理論/ゲーム理論
14 205 70 100 記号の消費/資源の価格
15 100 70 100 期待値/人口推計/反証可能性
16 155 60 100 大学がレポートを課す意義/統計的仮説検定

※読解力に加え、数学的思考能力が試される。近年は、小論文とは言えないような出題形式が増加。

・文学部

年度 答案文字数 試験時間(分) 配点 概要
12 760 90 100 書籍の電子化
13 760 90 100 家族とアノミー
14 760 90 100 異邦人
15 760 90 100 擬人法や比喩による科学理解
16 760 90 100 動物の命名

※文章資料の読解、自説の構築と論証といった、典型的な小論文出題。

・法学部(B方式)

年度 答案文字数 試験時間(分) 配点 概要
12 1000字程度 90 100 未来国家像
13 1000字程度 90 100 成立期との対比で考える今の内閣制度
14 1000字程度 90 100 ケアの倫理と正義の倫理
15 1000字程度 90 100 生物多様性の価値
16 1000字程度 90 100 世界文明の到来

※文学部同様、資料読解・自説の構築と論証といった、典型的な小論文出題。

参考データ

これまでWIEが慶應義塾大学の小論文を添削してきた際の、コメントを掲載します。自分が小論文を書く際に、どこが弱点になりやすいのか、各年度の出題で、ポイントとなるのはどこなのか、参考にして下さい。


・16年

文学部

・15年

文学部 経済学部 法学部

・14年

文学部 経済学部 法学部


・講座開始のご案内 (2017/5/12)  ≫詳細