添削例(慶應SFC・環境情報)

G・Iさん 慶應義塾大学環境情報学部

添削本文


添削コメント

全体のコメント

提出された環境情報の答案について他の年度も含めて全体に目を通したのですが、G・I様は非常に高い「読解力」をお持ちで、設問と資料の内容をかなり正確に理解されています。その上で、多くの受験生は気づかない鋭い踏み込みをして論点を設定しています。SFCが受験生に求めている「問題発見能力」に関しても、高いものがあると言えるでしょう。おそらくG・I様は小論文について、かなり自信をお持ちなのではないかと察せられます。
しかし、設定した論点について立てた自説の論証に不十分な点があります。小論文試験では、現代の我々が抱える解決困難な問題について論じなければならないので、設定した論点の踏み込みが鋭ければ鋭いほど論証が困難なものとなるのは致し方ありません。しかし、入試問題の小論文は点数をつけなければならない関係上、論点の踏み込みの鋭さだけでは、合格できません。あくまで、解答者の設定した問題について、説得力ある主張にするべく論証することが求められているのです。入学試験においては、高い問題意識にもとづいて書かれた小論文が、論証の不十分さが原因で、論証の容易な凡庸な主張の小論文よりも低く評価されてしまうこともありうるのです。
おそらく、同じことが先に返却されたWIEの総合政策対策講座のコメントでも言われていると思いますが、重要な点ですので繰り返しました。
実際には論証が多少粗いものであっても、「問題発見能力の高さ」が評価されれば、合格者に分類される可能性が高いでしょう。しかし、G・I様の非常に高い能力を持ってすれば、本来ならば合格して当然ですので、SFCが用意している受験生が陥りやすい落とし穴にはまって思わぬ苦渋を飲まないように、しっかりと対策していきましょう。
受かるべくして受かる能力をつけて頂くために、合格答案であっても厳しくコメントしていきますのでご了承下さい。指摘したコメントを踏まえて答案を作成できるようになれば、小論文に関しては安定して合格できる能力がつくでしょう。

さて、返却する答案が01年度のものからになりますのには理由があります。それは、テキストの解説が前年度の課題に取り組んだことを前提に書かれているからです。なるべくはやく他の年度の答案も添削して返却するようにして参りますので、その点はご了承下さい。

初回添削なので、答案を見ていく前に小論文作成の方法を簡単に説明します。G・I様は既にご存知のことがほとんどではないかと思われますが、復習の意味も込めて以下をお読み下さい。今はまだ、合格答案を作成するのに必要なことが何かを意識していないかも知れませんが、これを意識することで、安定して合格答案を作成できるようになるはずです。

小論文で何を書くか、その方向性を見定めるには次のことがまずは必要になります。

① 資料を読み取って、重要概念の意味を理解すること
② 設問も丁寧に読み、何を書くことを要求しているのか理解すること

個別のコメント

a:候補生(個人)=海上自衛隊(組織)ではありません。

b:法人が所属する各員に配分する報酬は、金銭のみに限られません。些末なものでは椅子が上等になることから始まり、定期券をグリーン車のものにするとか、出迎えの車を差し向けるとか、給与以外にもさまざまな報酬があります。また、人によっては給与よりも、肩書きを喜ぶ場合があります。

c:どのように曖昧なのかを記し、その根拠を示しませんと、単なる「感想」「憶測」として減点の対象です。

d:文脈がとぎれています。適切なつなぎの言葉(文法用語に言う「接続詞」だけではありません)を用いてくっつけることが必要です。観念(=「これを書こう」という思いつき)は他の観念と関連づけませんと、概念(=他の思いつきと結びつけられた、文中で取り上げたものごと)にはなりませんが、文もこれと同じで、おのおのの文が適切に結びつけられていなければ、文章にはなりません。従って、前の文あるいは段落と、後の文あるいは段落がどのような関係になっているかを、つなぎの言葉を用いて読み手にわかりやすく説明しなくてはならないのです。


それではご健闘をお祈りしております。

西早稲田教育研究所
担当 高田正継