この講座で大丈夫でしょうか・間に合うでしょうか

お問い合わせ内容の整理

「大丈夫でしょうか・間に合うでしょうか」とのお問い合わせの本質は、「合格できるかどうか」であるとWIEは解釈しています。
その答えは、この世の誰にもわかりません。
仮に大学受験の場合、合否判定を出すのは大学であり、決定権は大学が持っています。
しかし大学でさえ、いきなり「受かるかどうか」と聞かれても、困惑するしかないと思います。

思考の筋道

ただし、どうであれば合格するかどうかは、簡単にわかります。
大学受験で考えるなら、大学側が要求する水準の知識(=高校の各教科の知識+志望先に関する時事問題や問題意識)を持ち、正しい日本語で、正しく問いに答えた答案を書けば、よほど優れた受験生ばかり集まった入試でない限り、必ず合格します。
仮に、この水準までに至っていない場合でも、他の受験生の答案が劣っていれば、やはり必ず合格します。

従って、「大丈夫か・間に合うかどうか」は、今お持ちの水準と、合格水準の差を、試験当日までに埋められるかどうかにかかっています。

WIEが提供するもの

WIEは、その差を埋める方法と、正しい答案とは何かをを知っています。
すなわち、どのような作業をこなしていけば、差が埋まるか、どんな答案であれば、合格と判定されるかです。
添削では、その方法を提示し、誤りを指摘します。

従って、コメントに記された作業を正しくこなしていただければ、合格水準に至ることができます。
ただし、それは必ずしも、合格をWIEが保証するということではありません。
合否判定を出すのは試験の主催者(大学など)であり、また、試験当日に実際に答案を書くのは、お客様ご自身だからです。

現状の評価

もう一つ考えなければならないのは、お客様の現在のレベルがどうであるかです。
これは、添削してみない限りWIEにはわかりません。
文章の善し悪しで合否が決まるからには、その文章そのものを見ない限り、誰にも現在のレベルはわからないはずです。

ゆえに、言葉のやりとりだけでは、「このレベルです」とは申し上げられません。
また、文章を評価するとは、つまるところ添削と同じだけの作業が必要ですから、判定だけの提供は行っておりません。

なにとぞ、ご理解下さい。


・よくあるご質問一覧に戻る


・講座開始のご案内 (2017/4/28)  ≫詳細