FAXのトラブル

FAXを送ったのに添削や文例が返ってこない場合は

WIEあてにFAXをお送りいただいた場合、自動で受け取り通知FAXをお送りしています。
受け取りFAXがお手元に届いていない場合は、WIEに届いていません。
お手数ですが、もう一度FAXをお送り下さい。

※なお、お使いのFAX機が、ナンバー非通知の設定になっている場合、受け取りFAXは届きません。 通知/非通知の切り替えについては、お使いのFAX機の取扱説明書をご覧いただくか、電話局にお問い合わせ下さい。また現在、通知設定にしても受けとりFAXが届かないというご指摘をお客様より頂いております。このような場合でも、当社では受付を無事完了させております。障害の除去に努めておりますので、今しばらくの間お待ちください。ご迷惑をお掛けしまして、誠に申し訳ございません。

FAX受講にはリスクとデメリットがあることをご理解下さい

FAXは手軽ですが、次のような欠点があります。

  1. 送受信にエラーが多い
  2. 普段使っていないと、故障の確率が高まる
  3. 回線を電話と共用していると、FAX切り替えがうまくいかず、受信できないことがある
  4. 画像が荒れ、お客様もWIEも読みにくい
  5. 白黒なので、文字部分と赤字部分の区別がつかず、お客様は添削を読みにくい
  6. 十分注意していますが、WIEはFAX番号を手入力するため、番号を間違えてお客様以外のFAXに送信してしまうリスクが皆無ではない
  7. WIEは深夜早朝の発信を控えるため、メールに比べて若干、添削のお届けが遅くなる

これらの点を考慮し、メールや郵便受講の利用もご検討下さい。
もしスキャナをお持ちでしたら、答案をメールに添付して受講する方がリスクが少なく、学習にも効果的です。

FAXのトラブルを避けるために

  1. 取扱説明書をよく読んで、FAX機をこまめに掃除してください。特にローラー、読み取りセンサー部分はいつもきれいにしてください。
  2. インクリボンや感熱紙など、補充品は万全に用意しセットしてください。
  3. ご家族にも、FAXが不意に届くことをお話しし、「なんか電話出たらピーとか言ってるから切っちゃったよ」という事態を避けてください。
  4. 送信するときは、ゆがまないよう、曲がらないよう、丁寧に原稿をセットしてください。
  5. 鉛筆の使用はおやめください。文字がかすれて読めません。
  6. 大きめの文字で答案をお書き下さい。小さい字は読めなくなりますし、そうでなくとも、画像が荒れますから読みにくいものです。
    読みにくい答案を添削する場合、どうしても、よけいに時間がかかってしまいます。
  7. お名前、返信先FAX番号、受講講座など、必須事項は必ず正しく全て記入して下さい。
・講座開始のご案内 (2017/4/28)  ≫詳細