中途採用試験の解答例(技術職)

採用試験応募書類(志望動機)

テーマ

○○○○テクノロジーの正社員を目指すにあたって


文例案

①「安全は全てに優先する」を指針に技術者としての良心を常に意識する。

 御社ホームページには「○○○○の部品はどんなに小さなものでも人の命に関わるものですから、高い技術力・正確性が求められます。」とある。私は、○○の利用者としてこの考え方に感銘を受けるとともに、今まで職業生活で信条としてきたことと一致すると考える。

 私が取り扱ってきた宝飾品は、高価なもの、芸術性の高いものが多い。その加工は、些細なミスでも重大結果を招く。××修復などの場合、私たちのミスによっては、××の財産が永久に失われる。私は技術者のとしての良心と誇りを持って、絶えずミスがないようにしてきた。御社でもこの心構えで仕事に臨む。

②たゆまぬ技術向上や工夫が、安全と品質の維持、改善、効率化を促進する。

 技術向上や工夫の意義は、当面の課題解決といった短期の効果だけではなく、次の飛躍に向け、多角的な理解を深めることでもある。したがって、問題解決で終わりにせず、技術の向上や工夫を考え続ける所存である。

 しかし、これが個人的な努力に止まったのでは、不十分である。私の前職である△△の世界では、まず先人たちの技術を学び、その基礎の上に新たな工夫や技術の向上ができる。○○には、膨大な技術の蓄積がある。まずは諸先輩からそれを学びたい。またその過程で、私の経験や考えを伝えたい。こうした社員全体の協力と切磋琢磨によって、様々な技術の組み合わせや工夫が可能になる。

 一方、技術革新が急速な今日、外部に学び、自らの技術水準を正しく把握した上で、その向上を図らなければならない。そのために、●●の都道府県競技会に出場するといった、外部との交流をし視野を広げることも心がけたい。

③常に敬意と感謝の気持ちを持ち、チームを支えることを心がける。

 ○○製造という複雑な仕事は、チームワーク無くしては成り立たない。逆に、優れたチームワークは、困難を克服し不可能を可能にする。御社の掲げる「1+1=無限大」は、チームワークの重要性を指している。

 しかし仕事のチームは、単なる仲良しグループではない。多様な個性が集まり、お互いを補い合いに切磋琢磨していくことが、チームワークである。もちろん、チームワークの前提には、仲間に対する敬意と感謝の気持ちが必要である。また、チーム全体の成果を高めるために、和を尊重し、時には縁の下の力持ちとなって支えることも大切である。

 御社は、女性の技術職採用にも積極的であり、年齢も不問である。これは、多様な個性を受け入れる姿勢である。このような御社で、私の経験と個性を活かし、仲間に感謝の気持ちを持ちチームを支えるよう、心がける。(1100字) 

文例・解答例目次へ