WIE法人ビジネス文章講座:添削例

実際の添削サンプルについては、資料をご請求下さい。


WIEをご利用頂いた方からは、
「想像していた以上に沢山の赤字が書き込まれていて、初回の添削が返ってきたときには本当にびっくりした」
「添削内容が濃いですね」
という反応を多く頂きます。

このようにWIEの添削は、「修辞に関するチェックだけ」「添削者の印象批判」といった簡単なものではありません。

WIEは、 「何故こう書いてはいけないのか」「論題についてどう考えるべきなのか」といった、論理的な文章の書き方を理解して頂くことを基本姿勢にしております。
もちろん、それに加えて修辞のチェックも行いますので、通常の添削サービスよりも多くのことを、1度の添削でお伝えすることになるのです。

この「論題の考え方」は、訓練に伴い、次第に身に付いていくものとWIEは考えます。つまり、理解が進むにつれて赤字は減っていくことになります。
同時に、受講される方々にはご自身の向上が目に見え、士気が向上していきます。

取り組むからには、最も効果的な学習を試して頂きたい。

WIEは、こう考えています。

添削例

・講座開始のご案内 (2017/9/1)  ≫詳細